FC2ブログ

春川ナミオ 友の会 公式サイト

昭和30年代「奇譚クラブ」からデビュー。男性マゾヒズムの世界を独特のタッチで描く偉大なアーティスト春川ナミオに捧げる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスガイド

発射オーライ


 1970年代のSM雑誌「SMコレクター」には春川作品がシリーズで掲載されていた。様々な職業女性が男性の顔にまたがるという構成で、来るべき男女雇用機会均等法施行をにらんだ革新的な企画であった。

    ( ↑ んな訳ネーダロ!)

« 注射|Top|人間馬 »

コメント

そうか、乗客かもという視点もあったのですね。
普通は運転手だと思います。

バスガイドと運転手

尻に敷かれているのは運転手...かどうかは定かではありませんが、私はそう思いたいですね。どうも私は、以前から男女ペアで仕事をするバスガイドと運転手というものに、何やら淫靡なものを感じていたような気がします(この絵を見て思いました)。一日の仕事を終えてから翌日の仕事まで、夜に二人でこそこそしてもいいのですから、そういう関係が持てれば夢の仕事ですね。

マゾヒズムと好色的関心

 いつも楽しませて頂いております。
「SMコレクター」誌は昔、愛読していた事もあり、とても懐かしいです。
 春川作品の魅力は、マゾ的感性と女性のお尻に対する通常の好色的関心との絶妙のバランスのうちに存するのではないでしょうか。「豊かな女性のお尻に顔を埋めたい」というのは、かなり普遍的な男の願望でもあるわけですから。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

澁澤龍彦

プロフィール:澁澤龍彦
1928年生まれ。マルキ・ド・サドやジョルジュ・バタイユの翻訳、紹介者として知られる仏文学者。1960年代以後、日本のマゾの新しい文化と顔面騎乗をリードし、マゾヒストの美意識にひとつの変革をもたらした。






復讐の美尻_DVD_cover_s

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。