FC2ブログ

春川ナミオ 友の会 公式サイト

昭和30年代「奇譚クラブ」からデビュー。男性マゾヒズムの世界を独特のタッチで描く偉大なアーティスト春川ナミオに捧げる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃまだからあっちお行き! 3

じゃまだからあっちお行き!_3

 このおじいちゃん、顔は見えなくとも歓喜の表情に震えているにちがいない。

 俺にはわかるんだ... ( ̄ー ̄)ニヤリッ.








耽美画廊

耽美画廊_1


耽美画廊_1


耽美画廊_1

耽美画廊_1


美人なら不正採用もやむなし

いじめを追放

 大分県の教員採用試験に県教委参事が上司の指示で受験者の点数を修正して合否の判定を操作していた。教育界の贈収賄事件として衆目を集めているが、バカでも美人の女教師はどんどん採用するべきである。大分県だけでなく、昔から全国的に行われているごく普通のことなのに、今さら騒ぐのはどうかしている。頭のいい優秀な女教師にはブスが多いから、この構造汚職は野放しにして、これからもアホばか美人の女教師を増やすべきだ。口利きする場合も、便宜をはかる場合、美人かどうかの規準をもっと厳密にすべきである。


セーラー服の猥褻性

女子高生


 澁澤龍彦は、中年のおじさんがセーラー服にワイセツ感をそそられないとすればこれは重大問題である、というようなことを「少女コレクション序説」(中公文庫)の中でマジメに述べていた。

 また上野千鶴子によれば、女子高校生とは、生理的には性的成熟に達しているのにもかかわらず、社会的・文化的にその身体の使用を禁止されている「使用禁止の身体」を持つ存在であるという。(「発情装置―エロスのシナリオ 」筑摩書房)


 どうでもいいか、そんなこと。

教室でのお仕置き

イメージをクリックすると拡大されます

女教師_02



 担任の先生が女性か男性かで、その後の人生変わるかもしれない。
きれいでグラマーな女教師に指導を受けた男子生徒の9割はマゾ男になると言われている。

  (  ↑ んな訳ネーダロ!)

ぼくらのマリア様

イメージをクリックすると拡大されます

僕らのマリア様


 しかし、実際にこんな素晴らしいお尻の女教師が学校にいたら、男子生徒はみんな顔面騎乗されたいって思うに決まってるっての。

女教師からの責め

女教師_01

 春川作品のモチーフには女子学生や女教師がよく取り上げられる。教師と生徒の関係性は基本的に支配と服従に近いものがありながら、学校という空間はおよそSM とは無縁であるべきという無言の抑圧の場でもあり、そのアンビバレントな雰囲気が、ノスタルジックに機能し、なんとも甘美的な魅力を増大させる。もしかして作者の春川は、学校でトラウマ的な記憶があるのもしれない。

Top

HOME

澁澤龍彦

プロフィール:澁澤龍彦
1928年生まれ。マルキ・ド・サドやジョルジュ・バタイユの翻訳、紹介者として知られる仏文学者。1960年代以後、日本のマゾの新しい文化と顔面騎乗をリードし、マゾヒストの美意識にひとつの変革をもたらした。






復讐の美尻_DVD_cover_s

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。