FC2ブログ

春川ナミオ 友の会 公式サイト

昭和30年代「奇譚クラブ」からデビュー。男性マゾヒズムの世界を独特のタッチで描く偉大なアーティスト春川ナミオに捧げる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウンタウンの浜ちゃん

ダウンタウンの浜ちゃん



 こちらは松ちゃん。お二人ともマゾだったんですね~^^

ダウンタウンの松ちゃん

M男の勃起

Lick_03

 見てるこっちは思わず勃起してしまうのだが、されるほうはそれどころじゃないのだろうか....




愛は赦す

Lick_01


ニーチェ 「人間的な、あまりにも人間的な」






人間椅子

人間椅子

 江戸川乱歩の小説「人間椅子」は直接SMとは関係がない(ミステリーです)が、このタイトルにはマゾ心理を刺激するものがある。女性に恋する男が、彼女の椅子になりたいという話は、内容的にはフェチシズム感覚を刺激するのだが、潜在的なマゾヒズム願望をも覚醒させてくれる。フェチやマゾという言葉がまだ人口に膾炙されてなかった大正時代に発表されたこの作品のインパクトが、少なからずその後のSMカルチャーの萌芽に貢献していたと思われる。
 そして人間椅子の最終目標は顔面騎乗だ!と思わせる春川ナミオのこの作品。カラーというのも珍しいが、比較的初期の作品であろうか。

抑制された主張

ペニスの表現


  Sardox giko などの作品と比較するとわかりやすいが、春川ナミオのイラストでは、ペニスが強調されることがあまりない。男はほとんど興奮していないかのようで、シーンの主役は当然のことながら女性である。M男であれば絶対に勃起してもよさそうなシチュエーションなのにしない。そこに男の快楽的な視点はなく、官能的ではあるがストイックな、まさに女性中心のFem-Domワールドに忠実な表現と言えるだろう。

Top

HOME

澁澤龍彦

プロフィール:澁澤龍彦
1928年生まれ。マルキ・ド・サドやジョルジュ・バタイユの翻訳、紹介者として知られる仏文学者。1960年代以後、日本のマゾの新しい文化と顔面騎乗をリードし、マゾヒストの美意識にひとつの変革をもたらした。






復讐の美尻_DVD_cover_s

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。